読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

片桐安十郎の漫画レビューブログ

1997年産まれの都内在住の学生、片桐安十郎の漫画レビューブログ、基本的に漫画の好き嫌いはありません

病人に対しての接し方のモラルに切り込むギャグ漫画『NKJK』

皆さんは何か重い病いや、立ち直れないほどの辛い局面にぶち当たるような経験をされた事はありますか?


私は幼少期、気管支系の重めの病いにかかったことがあります。
当時4歳だった私は、親のいない中、夜病室で1人心細かったのを今でも覚えています。

一応一命を取り留め、すくすくと元気に育ち、今こうしてパソコンの前でブログを書いています。
そんな私ですが、辛い時こそ、誰かに励まされたいし、そんな辛い局面に立たされてる人がいるならば励ましたいと考えています。

しかし昨今の世の中、『頑張ってる病人に頑張れというのは酷だ』とか、『そんな事をするのは不謹慎だ!!』『結局お前は偽善者だ』などと叩かれるようになってしまいました。

確かにそのように言う人達の言い分も分かることには分かります。ですが、こんな時代だからこそ僕はこの作品を皆様にご紹介したいと思います。
今回ご紹介する作品は吉沢緑時先生の『NKJK』です。

 

 

NKJK : 1 (アクションコミックス)

NKJK : 1 (アクションコミックス)

 

 

 

こちらの作品について簡単に説明させて頂くと、主人公である西宝夏紀(さいほうなつき)の幼馴染の富士矢 舞(ふじやまい)が原因不明の不知の病が発症してしまうところから本編は始まります。

富士矢の病状を心配し、毎日お見舞いに通う、西宝でしたが、ある日、富士矢の母から突如、娘を笑わせて欲しいと頼まれます。
彼女の母いわく、人体にはNK細胞(ナチュラルキラー細胞)という免疫細胞があり、その細胞を活性化させるには笑う事が一番効果的だと言います。
お金持ちのお嬢様で、お笑いに疎い西宝でしたが、友人を元気づけるため、お笑いの勉強をし、友人を笑わせようとしていく...

というようなストーリーになっています。

この漫画は一応分類としてはギャグ漫画として分類され、この漫画を描いてる作者の方も基本的にギャグ漫画を描いている作家さんです。
ですが、この漫画はギャグ漫画なのですが富士矢 舞さんが不知の病を抱えているという背景があるため、ギャグとして面白いシーンでも果たしてこれは心の底から笑って良いのだろうか?というように考えさせられてしまいます。

 
f:id:teiitinokuni-kisibegiro:20170302165117j:image

リアクション芸を披露し元気づけようとする西宝

 

実際このシーンでは元気づけるために西宝さんがリアクション芸を見せ楽しませようとしています。
ネタとしてはとても面白いのですが、
これを見て『病人の前でふざけるなんて不謹慎だ!!』と思う方も少なからずいると思います。

ですが、僕はこの作品を読んで、
『必ずしも自分の中のモラルや常識では間違ったことであったとしても受け取り手によってはそれは、励みになるのだ』と感じました。

確かに傍から見れば完全に病人の前でふざけています。
ですが、当人の心の中では、『早く元気になって欲しい、辛い思いを少しでも忘れさせてあげたいという』優しい心があり、それを感じることが出来るのです。

 

f:id:teiitinokuni-kisibegiro:20170302165220j:image

西宝のリアクション芸に笑う富士矢

 

実際に富士矢さんはこれを見て笑顔になっています。

なので僕は、この漫画を読んで皆様には盛大に笑って頂きたいし、笑う事がこの作品にとっても救いになるのではないかと思います。

そして、皆さんも辛い局面に立たされている人々がいましたら、そっとしてあげる事も1つの優しさだとは思いますが、NKJKの西宝さんたちのように辛さを打ち消すような笑いで元気にしてあげてみてはいかがでしょうか?

 

気になった方は是非ともこちらの方から試し読みもしていただきたいと思います。

 

そして私事で、4ヶ月もブログ更新をサボってしまいましたがこれからは定期的にアップしていくので宜しくお願いします。

夏休みの思い出マンガイベント編

皆様お久しぶりです。

片桐安十郎でございます。

約二ヶ月間ブログ更新をサボっていました。

理由としては、夏休み期間中漫画を読むことがあまり出来ず、ブログ更新する時間があったら漫画を読まないといけなかったという事と、学校の休み時間や通学中の暇つぶしで更新していたので、夏休み中は更新頻度が落ちたというより、まったくしていませんでした。

一応二ヶ月間更新してなかったのでリハビリもかねて、夏休み中に僕が何をしていたのかを記事にさせて頂きます。

 

 

夏休み中の主な活動について

 

それでは夏休み中、私、片桐安十郎がどのようことをしていたかを軽く話ていきたいと思います。

 

 

 

 

まず8月20日に渋谷loftで行われた。少女ファイトG戦場ヘヴンズドアなどで知られる日本橋ヨヲコ先生の画業20周年&少女ファイト10周年記念トークイベントに行ってきました。

こちらのイベントは1部・2部構成となっていて、1部では日本橋ヨヲコ先生の歴代担当者の当時を振り返るエピソードなどが聞け、IKKI創刊時のエピソードなども聞けました。

2部では日本橋ヨヲコ先生と交流の深い漫画家が日本橋ヨヲコ作品を語るという事で
とろける鉄工所などで知られる野村宗弘先生
はるか17などで知られる山崎さやか先生
うさぎドロップなどで知られる宇仁田ゆみ先生
はずんでパパモッコ、シトラス学園などで知られる山本ルンルン先生が登壇されていて、漫画家から見た日本橋ヨヲコ作品の凄さという話をお聞きすることが出来た上、
ビデオレターとして藤田和日郎先生や手塚るみ子さんなどの日本橋ヨヲコ先生作品の魅力なども聞くことが出来、とても魅力的な3時間でした。

 

 

f:id:teiitinokuni-kisibegiro:20161001231503j:plain

画業ポスター画像 

 

続いてのイベントは

五反田にあるゲンロンカフェで行われたエロ漫画を語るイベントに行ってまいりました。
ぼくらのへんたいや女の穴で知られるふみふみこ先生
ぼくらのよあけやアリスと蔵六で知られる今井哲也先生
ふみふみこ先生の漫画の原作なども担当する小説家のさやわか先生の3人と
ゲストにアイブカ(仮)ヌーディストビーチに修学旅行でなどで知られるエロ漫画家の師走の翁先生を迎えての3時間半に渡る胸熱なイベントが行われました。

まずトークテーマとしてふみふみこ先生、今井哲也先生が師走の翁作品の好きな所を熱く語っていました。
ふみふみこ先生が『師走の翁先生の作品はとにかくチンコがかっこいいんです!!』と興奮しがちに厚く熱弁し後ろのスクリーンにデカデカとチンコの絵が写されるなど、会場はかなりカオスな状況でしたが、師走の翁先生は、真面目なトーンで
『僕はね、エロ漫画でグルメ漫画のような事をやっているんです。女の子が料理でチンコが食べる人、チンコの反り具合、血管の浮き出方、そのようなチンコの表情の書き分けでいかに旨そうに見せるかを重要視しているんです。』と目から鱗のお話が聞けたり、
去年発売された、ヌーディストビーチに修学旅行では、『戦争の悲惨さから平和の大切さに気付く戦争漫画のようにヌードを描き続けることによって着衣のエロさに気づく、視点を変えた戦争漫画なんです...』
といったようなことを語られていました。

次にふみふみこ先生と今井哲也先生がこのゲンロンカフェのために書いてきた。
24ページほどのネームを師走の翁先生が添削
するというとても豪華な催しがあり、
ふみふみこ先生がファンタジー性転換物
今井哲也先生が祖母が死にそうな中での女子中学生近親相姦物で、それぞれの作品を師走の翁が描くならこう書きますというのをイラスト付きで添削していくというとても豪華な内容でした。

そして最後の質問コーナーでは、私、片桐が見事質問することが出来ました。
そして、私は『あの重力の重さで垂れるおっぱいの質感はどのように出していますか?』
という質問をし、それに対し
『生卵の揺れ方とか柔らかさ、を参考にしていて、おっぱいの中に水が沢山入っているイメージです。』というお話を聞けました。

その後もエロ漫画のコマ割り講座や
登壇者3人のサインも貰うことが出来、大変満足でした。
 
f:id:teiitinokuni-kisibegiro:20160930132817j:plain
エロ漫画の描き方講座 コマ割り編
 

そして師走の翁先生が誕生日という事で会場からケーキの差し入れなどもあり、とても暖かいイベントでした!!

続いて僕が行ったイベントは
 
渋谷のマンガサロン『トリガー』で行われたマンバ読書会です。
このイベントは、漫画版2ちゃんねる、と言っても過言ではない漫画専門のコミュニティサイト、マンバが主催しているイベントでネットを飛び出して、ユーザーやトリガーのお客様と1つのテーマに対して熱く討論していくイベントになります。
 
僕はこのイベントに夏休み以前から参加していて、
今のところ無遅刻無欠席で参加しています。そのため今では、トークテーマの書かれたお題札をめくるという役職までついています。
 
この読書会は現在第6回まで開催されていて、テーマとしては
第1回『バスケ漫画
第2回『ホラー漫画』

第3回『高校野球漫画』

第4回『江戸時代漫画』

第5回『グルメ漫画(食べるほう)』

第6回『男二人で野望を叶える漫画』

という感じでやってきました。

 

各回でどのような会話がされたかは、マンバの公式ブログに載っているのでそちらをご覧ください↓

 

http://staff.manba.co.jp/post/150773217882/マンバ読書会5-テーマはグルメマンガ

staff.manba.co.jp

 

さて、話の内容はこのマンバ公式ブログを見てもらうとして、マンバ読書会に参加されてる人たちがどんな感じなのかを少し話ていきたいとおもいます。

まずこの会にいらっしゃるお客様もマンバの運営スタッフも漫画好きの方が多いので2時間という長い時間の中で会話が尽きることがありません!!なので初めての方も安心して参加できます。

喋るのが苦手…話を聞くだけがいい…という方も安心してください、話しに参加せず話を聞くのにてっしても話にあがった漫画を読むことも可能です!!

そしてたまにマンバ読書会には豪華な顔ぶれが揃う事があります。

まず、宇宙兄弟ドラゴン桜働きマンなどの有名作品の編集を勤めてきた。

現コルク代表の佐渡島さんや、プライベートで漫画家の先生が参加しに来たりもする豪華な日もありますので是非足を運ばれてみてはいかがでしょうか?

 

マンバ読書会は基本月の第2火曜日と第4火曜日に行っています。

  

会場は渋谷あるマンガサロン『トリガー』です。

下に公式ホームページのリンクを張っておきますので気になった方は、是非足をお運びください。

 

mangasalon.com

 

ちなみにトリガーではマンバ読書会以外にも月の第1水曜日に前の月の新刊について語る新刊漫画を語る会や

漫画家さんをお呼びしてのトークイベントなども行っています。

 

イベントのない日はトリガーの店長がお客様の要望や好きなマンガに合わせて漫画をお勧めしてくれるコンシェルジュサービスも利用できるので是非足をお運びください

 

月の4分の1は私もいますのでお会いした際はよろしくお願いします。

 

そして、マンバ読書会を主催しているマンバではマンガ好きの人達が様々なマンガについて書き込みをしています。

トピックも自分で簡単に立ち上げられるのでこのマンガについて語りたい!!と思ったときにすぐに語ることが出来ます。

そしてマンバは語るだけではなくマンガを探すのにも便利です。自分の好きなマンガを呟くとそれに合わせてマンガをお勧めしてくれるコミュニティやマンバ内での人気なマンガが一目で分かるランキング機能など便利な機能も沢山あるので是非利用してみてください、僕も結構使ってます。

 

 

manba.co.jp

 

こんな感じで僕は夏休みを過ごしていました。

次は夏休みに行ったマンガの個展についてお話させていただきます。

ヤリたい盛りの少年と訳あり美少女の純愛物語『アオとハル』

漫画

 

10代の時というのは頭の中でなにかといやらしい妄想をしがちです。

 
かくいう僕も18歳、そのうえ童貞で、右手が恋人、TE〇GAがセフレと言ったところで、
 
基本的に1日に1回は自分を自分で慰めますし、
ドラえもんの道具で1番欲しい道具は?
と聞かれたら、一応どこでもドアとかタイムマシーンとかウケの良い答えを言うでしょうが、
本当はもしもボックスを使って
『世界中の女が俺の性的な言うことを聞いてくれる世界があったら』というような女性団体から大バッシングを受けるような事を迷わずに実行すると思います。
 
このように性欲が強いせいか、高校の同級生の女子からは『好きな女とヤリたいじゃなくて女とできれば誰でもいいんでしょ?』なんて言われたこともあります...
 
そんなワケないじゃないか!!
 
俺だって女の子と愛し合い心で結ばれながらあまつさえ童貞も捨てたい所存です。
 
 
 
しかし、最近少女漫画を多く読んでいることもあって、女性の理想像とも言える完璧すぎる男の子達の姿を見て、僕のように欲にまみれた醜い童貞は、一生恋愛なんて出来ないんじゃなかろうかと少しだけ憂鬱な日々を過ごしています。
 
そんな日々の中で出会った作品が、今日ご紹介する。しおやてるこ先生の『アオとハル』です。
 

 

 

 
この漫画の主人公は僕のような童貞ではございませんが、頭の中はモンモンとした己の中のリビドーをどこにぶつけたら良いか分からない少年なのです。
 
この時点で僕としては主人公にシンパシーを感じまくりな訳ですが、
 
簡単に内容を説明してしまうと
 
高校3年生の主人公ハルオが、受験勉強をするために訪れた図書館で綺麗な顔立ちをした美少女アオに一目惚れをし、恋をていくという話になりますね。
 
あらすじだけ聞くとヤリたい盛りの男子の甘酸っぱい恋愛漫画かな?
と思われる方もいるでしょう!!
 
甘いッ!!この漫画はある意味で童貞には劇薬とも言える漫画と言えます...
僕も何度キンタマが縮み上がった事か..
しかし、寝ても覚めてもセックスの事ばっかり考え、女性と付き合うことよりセックスすることばかり、考えてるようなクソ童貞野郎には是非とも読んでいただきたい漫画です。
なぜそのような童貞には劇薬と言える漫画と僕が熱弁するのか…それを説明するには少しだけネタバレ要素を含んでしまいます。
 
ここに試し読みのURL貼っとくのでネタバレが嫌な方は速攻読みに行ってください、ここから先はネタバレを少し含む漫画紹介をします。
 
 
 
 
 
 
ネタバレが嫌な方はいなくなりましたか?それでは少しだけネタバレを含む内容の紹介をさせて頂きたいと思います。
 
図書館でアオに一目惚れしたハルでしたが、その後彼女と会っていく内に彼女の家庭環境がかなり複雑で歪んでいること...そして、アオとハルは昔に何らかの形で出会っている事をハルは知り、自分とアオの間に昔に何があったのか?そして、ハルは、アオを歪みきった家庭環境から必死に救い出そうと足掻くことになります。
 
上記の内容を見ても分かることですが、この漫画は甘酸っぱい初恋の物語なんかではないのです。カルピスのような味なんてしません、トゲトゲしいのは勿論の事、子供であることの無力さを痛いほどに感じさせる漫画なんです。
 
セックスに幻想を抱く童貞、恋に臆病な童貞、恋愛に興味がない童貞、そんな僕のような童貞に是非とも読んでいただきたい。
勿論童貞じゃなくても読んでいただきたい素晴らしい作品だという事を僕は声高々に叫びたい!!
 
恋に臆病にならずにハルのように一途に誰かの事を大切に思う気持ちが大切なのだととても感じさせてくれるのです。
 
上手く話が纏まらず拙いレビューになってしまいましたが、老若男女問わずお薦めな漫画ですので是非とも読んでいただきたいです。
 
追記
 
な、な、な、なんとッ!!アオとハルの作者である。しおやてるこ先生からコメントを頂きました!
 
元々このレビューはハルの事を童貞だと勘違いしていて書いていたものだったのですが作者様である。しおやてるこ先生から童貞ではないという旨のコメントを頂くという、とてもありがたい事になった上に、こんなツイートを頂きました。
 
 

 

なんとありがたいお言葉でしょうか!!

地道にこういう事していて良かった!!と叫ばずにはいられません!!

こらからも僕はしおや先生を応援します! 

 

 

 
 
 

『ジョジョ』によって生きる希望を見出した僕にモラルを教えてくれたのはあのカルト漫画だった...

漫画

僕は中学2年生の時に肺炎になったことがあります。

40度以上の熱を出し、器官がやられてるため、食事もろくに取れず1週間で10キロ痩せてしまいました。
 
さらに当時14歳のため小児科の集団部屋に入院していました。
そのため同部屋の子供たちの声が煩く、頭がとても揺れるような感覚で気持ち悪かったのを今でも明確に覚えています。(子供たちに悪気はないけれども...)
 
そんな状況で僕はなんとか気を紛らわそうと親にTSU〇AYAである漫画を借りてきてもらいました。
 
その漫画が何を隠そう国民的人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』ですッ!!
 

 

ジョジョの奇妙な冒険 (1) (ジャンプ・コミックス)

ジョジョの奇妙な冒険 (1) (ジャンプ・コミックス)

 

 

 
今にも死んでしまうんじゃないかという状況の中でジョジョを読み、僕は酷く感動し、ジョジョの奇妙な冒険という作品の壮大なテーマと主人公達の熱い思いにジョナサンの用にハートを震わせました。(ちなみに入院してる時はまだジョジョの3巻までしか読めていない)
 
そんなこんなで、退院した瞬間はまるで新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝のような凄く爽やかな気分でした。
 
f:id:teiitinokuni-kisibegiro:20160625012749j:image
 
 
そして、僕はジョジョの奇妙な冒険にハマり全巻揃え、漫画を読む習慣がつくようになりました。
 
ジョジョは聖書とも呼ぶべき僕の教典ッ!!
まさしく僕の人生を変えた漫画と言えるでしょうッ!!
 
しかしッ!!ジョジョが僕の人生の道しるべを示してくれた漫画だとするならばッ!!
 
幼稚だった僕の考えを改めてくれた。僕の人生における2度目の転換期に当たる漫画があります。
 
その漫画と出会ったのは高校一年生の時です。
僕はその頃、中高生向けのチャットアプリで漫画の話をしたりしていました。
その当時、かなり僕は調子に乗っていて、『俺って漫画めちゃくちゃ詳しいんじゃね?』と思ってる勘違い野郎でした。
ですが、そう僕が思ってしまうのも無理はなかったかも知れません。
なぜなら僕より詳しい人間がそのアプリの中にはいなかったからです。
 
ますます僕は狭いコミニュティの中で鼻を伸ばし続け、小学生の遊び場でガキ大将を気取る中学生のようなチンケな存在だという事に気付かず、過ごしていました。
 
今、思い返すだけでも恥ずかしいですが、そんな僕をある漫画が戒めてくれました。
それが今日ご紹介する『ライチ☆光クラブ』です。
 

 

ライチ☆光クラブ (f×COMICS)

ライチ☆光クラブ (f×COMICS)

 

 

 
この漫画は中学2年生の男の子達が秘密基地で世界を支配するロボットを作っていくというかなりハチャメチャなストーリーの作品です。
 
描写もとてもグロテスクで中学生の多感な男の子達が次々と死んでいってしまいます。
 
先程取り上げたジョジョの奇妙な冒険とは全く真逆の作品である。ライチ☆光クラブに僕はなぜ心惹かれていったのか...
 
それは、僕が中二病で狭いコミニュティの中で満足しているような人間だったからだと思います。
 
ライチ☆光クラブの主人公ゼラは光クラブという少年達の秘密基地の帝王として、君臨しています。
 

f:id:teiitinokuni-kisibegiro:20160625013217j:image
ゼラに従う少年達
 
 
その思想はかなり過激で、大人は醜い生き物だから成長する前に自殺するべきと言ったように本当に中学生か?と恐ろしくなるような考えを持っていて、とても現実離れしていますが、他の中学生達は帝王であるゼラの考えに遵守して行動し、絶対的に服従しているのです。
 
一見現実離れしすぎているようにも思えますが、ライチ☆光クラブで描かれていることは現実社会においても少なかれあります。
特に中学生、高校生は精神的にも成長途中で心が不安定な上、学校のクラスや部活動といったような狭いコミニュティの中の考えでしか基本的に行動できません。
そんな中で、カリスマ的な指導者があらわれたらどうなるでしょう?
きっとその人の言うことが絶対であると信じて疑わなくなるであろうと僕は感じます。
 
それが部活動などで良い監督で人としてとても素晴らしい指導者ならば、人間として大きく成長出来ることでしょう。
 
しかし、逆もまた然り、ライチ☆光クラブのような事例もあるのです。集団的ないじめなどがこれに当たります。
 
そのような多感な時期だからこそ成長できるチャンスもあれば、ライチ☆光クラブのように中二病であるがために最悪死に至ってしまうケースも大袈裟ではあるものの
少なからずあるのだという事を感じたのです。
 
ジョジョのような希望も人間賛歌も無いライチ☆光クラブですが、
作者である古屋兎丸先生はとあるインタビューでこう語っています。
ライチ☆光クラブはね、『人を殺してはいけませんよ、という学校の先生みたいな事を僕は描いているんです。』と...
 
中学生が次々と残酷な死に方で死んでいくカルト漫画と思われがちなライチ☆光クラブですが、伝えたいテーマは至ってシンプルな『人を殺してはいけない』という普遍的で道徳的な中高生に対するメッセージが込められているのです。
 
そんなの当たり前じゃんと思われるかもしれませんが、ライチ☆光クラブは自分の事を過信しすぎたりしてしまいがちな中高生に対して、自分の力を過信しすぎてしまうことの怖さと忘れてしまいがちなモラルを悪い見本として提示してくれる素晴らしい作品なのです。
 
中二病患者の方に特効薬になるか、劇薬になるか、はたまた中二病を加速させるかは分かりませんが、興味のある方は是非とも読んで頂きたい作品です。
 

 

ジョジョの奇妙な冒険 (42) (ジャンプ・コミックス)

ジョジョの奇妙な冒険 (42) (ジャンプ・コミックス)

 

 

 

ぼくらの☆ひかりクラブ 下[中学生篇]

ぼくらの☆ひかりクラブ 下[中学生篇]

 
ぼくらの☆ひかりクラブ(上)

ぼくらの☆ひかりクラブ(上)

 

 

10代の抑えきれない性欲と少年犯罪の因果関係『水色の部屋』

漫画

 

 先日、私事ですが、親にオナニーを見られました。
トイレで1人寝る前の日課を行っていると突如としてドアが開いたのです。
幸いにもドアに背を向けていたので、決定的な場面は見られませんでしたが、不自然に動く右手、握り締められた携帯を見て、親も薄々と気づいたことでしょう。
 
その日の夜、このまま死んでしまおうか、朝起きて顔を合わせたくないという、思いで押し潰されそうになったのは、言うまでもありません...
 
そんな、絶望で今にも消えてしまいそうな僕ですが、
今の僕のように肉親にそのような場面を見られるのはとても心苦しいと思います。
 
しかし、今日ご紹介する漫画の主人公はある意味で僕と真逆の立場と言えるでしょう...
 
今日ご紹介する作品はこちら!!
 
水色の部屋<上>

水色の部屋<上>

 

 

太田出版のぽこぽこで連載されていた。ゴトウユキコ先生の水色の部屋です!!
 
それではこの作品の紹介をしていきます!!
 
衝撃的過ぎる最初の3ページ
 
さて、こちらの作品、どのような作品かと説明する前に冒頭の3ページを皆さんに見ていただきたいと思います。
 

f:id:teiitinokuni-kisibegiro:20160612020026j:image
 

f:id:teiitinokuni-kisibegiro:20160612020049j:image
 
 
衝撃的ですね...
いきなりの冒頭からのこの衝撃的なシーンに僕は思わず生唾を飲み込みました。
 
この『母さんがレイプされた 僕の目の前で』というこの倒置法が心に響いてとんでもなく突き刺さります。
レイプされたという事実でさえ衝撃的なのに僕(息子)の目の前というダブルパンチ!!
 
このシーンは衝撃的すぎて、その後の日常生活にも影響を与えるくらい僕の心に突き刺さってしまいました。
 
そして、この漫画はこの衝撃的な3ページの後、母がレイプされる前の日常を描き出します。
 
最初にこの漫画の構成を言っておくと、上下巻の上巻でレイプされる前の話、下巻でレイプ後の話を描いているんですが。
 
この話づくりが非常に上手くてレイプされると分かっているのにドキドキしてしまう。冒頭でネタバレしてるのに楽しめてしまう。とても凄い作品なんです。
 
なんとなく凄いという事が分かったところで
この作品の肝心な登場人物について触れていきたいと思います。
 
屈折した親子の関係
 
まずこの作品の主人公、柄本正文(えもとまさふみ)はとっても冴えないメガネの男の子です。

f:id:teiitinokuni-kisibegiro:20160612020228j:image
柄本正文
 
クラスでも決して目立つタイプでもないごくごく普通の正文の母はとっても美人で一見姉にしか見えないほど若い、サホ。

f:id:teiitinokuni-kisibegiro:20160612020411j:image
柄本サホ
 
 
女手一つで正文を育ててきた彼女の事を親として大切にしつつも正文は心のどこかで少しだけ、親子の愛情とは違った感情をサホに対して、いだいていました。

f:id:teiitinokuni-kisibegiro:20160612020609j:image
親の下着を見て何かを思う正文
 

f:id:teiitinokuni-kisibegiro:20160612020628j:image
 
f:id:teiitinokuni-kisibegiro:20160612020633j:image
親の服のホックを締めた後おもむろに抱きしめてしまう正文
 
しかし、そんな親子の日常はある事件によって壊されていくのでした...
 
みたいな感じですね。
 
ある事件に関しては察して頂くとして
 
この漫画はとても歪みきってる作品と言えるでしょう...
 
この親子以外に正文の幼馴染みの三吉京子(みよしきょうこ)ちゃん、
 
f:id:teiitinokuni-kisibegiro:20160612020833j:image
三吉京子
 
同級生の河野くん

f:id:teiitinokuni-kisibegiro:20160612020903j:image
河野くん
 
という重要なキーパーソンもいるのですが、この2人に関してはネタバレを防ぐためにも是非とも漫画を読んで見ていただきたいです。
 
10代の屈折した性欲
 
10代という年頃はなんやかんやで童貞も非童貞も性欲が暴走しがちです。
僕が二か月前まで通っていた高校でも、周りから可愛いと持て囃されながら1日3回オナニーする男や
俺あいつとヤったんだぜとか、彼女とのセックスを語るヤリチン自慢をしたがるやつがいたりと。
 
良い意味でも悪い意味でも性欲が暴走しがちです。
別にそれが悪いわけでは無いです。
性欲が無かったら子孫は繁栄しませんし、僕はこの前のレビュー
 
でも言ったとおり、股間が立たなくなったら、絶望で死んでしまうと思います。
ですが、この漫画はそんな10代の暴走しがちな性欲が裏目裏目に出てしまうんです。
押見修造先生の惡の華よりも歪んでいる作品と言えるでしょう...
読後1本の悲しい映画を観たような感覚になってしまうような作品です。
それでも僕はこの作品を薦めたい!!
 
この作品は少年犯罪はなぜ起こるのか?
というテーマが描かれていると僕は読んでいて感じました。
決して明るい漫画じゃない。
読んで幸せな気分になれる漫画ではないけれど。
たまには少し衝撃的で考えさせられるような漫画を読んでみてもいいのではないか?と思います。
 
是非とも興味を持たれた方はこちらの方から試し読みの方よろしくお願いします!!
 
 
どんな人にお薦め?
 
悲しい漫画を読みたい人
性欲が強い人
少年犯罪を悲観する人
 
ゴトウユキコ先生の他の作品はギャグテイストが強く鬱漫画とか読めないという方はこちらの方を読んでみてもいいかもしれません。
特に最新作のきらめきのがおかは東村アキコテイストが感じられて東村アキコ好きな方にお薦めです。
 

 

きらめきのがおか(1) (ヤンマガKCスペシャル)

きらめきのがおか(1) (ヤンマガKCスペシャル)

 

 

 

R-中学生(1) (ヤンマガKCスペシャル)

R-中学生(1) (ヤンマガKCスペシャル)

 

 

AV女優だってなんだって、働いてる人は美しい『はぐれアイドル地獄変外伝 プリンセスセーラ』

漫画

皆さんAVはお好きでしょうか?

 
僕は勿論大好きです!!
 
なぜなら、AVは、色々なシュチュエーションで擬似的に女の子とあんな事やこんな事が出来るからです。
 
男なら多かれ少なかれ見たことがあるでしょうし、お世話になったことがあるでしょう...
 
しかし!!
 
企画物のAVとなるとどうでしょうか?
途端に需要は減り、ある一定層の人間しか観ないことでしょう...
 
僕も企画物はほとんど観ないのですが、今回ご紹介する漫画はそんな企画物AVに出演する。
AV女優を主人公とした作品です!!
今回ご紹介する作品はこちら!!
 
日本文芸社のWebゴラクエッグで連載中の高遠るい先生の作品!!
『はぐれアイドル地獄変外伝 プリンセス・セーラ』です!!
 
 
は!??
 
なんで初っ端から本編じゃなくて外伝薦めてくるんだこいつ?と思われたことでしょう。
 
ご安心ください!!この漫画は本編を読んでない人でも楽しめる作品なので、この作品だけを読んでも充分に楽しめます。
(勿論本編も読んでおくとより楽しめますが...)
 
それでは早速うらすじあらすじを説明しましょう!!
 
あらすじ
 
本作の主人公はAV女優兼監督も務めるカリスマAV女優豪島セーラ、
デビューからのべ500本以上のAVに出演し、乱交ものレズものは勿論、獣姦、ス○○ロなどもこなす。性の鉄人。
この作品は、そんな彼女の仕事を描いたドキュメンタリーである...
 
『やめて!!記事を閉じないで!!』
大丈夫です。そんなに危ない漫画ではありません。
 
実際、第4話はイルカとする話だったようですが単行本に収録が出来ずお蔵入りしてしまい、ダイジェストであらすじが語れるという斬新な措置が取られていました。
 
なので単行本で収録されている話はそこまで過激ではないのです!!
 
安心してください!!はいてますよ!!』とまでは言えませんが、そこまで身構えるほどの内容ではありませんのでご安心くださいませ。
 
それでは本作の魅力を語っていきたいと思います!!
 
魅力その1主人公、豪島セーラーの性に対する開く無き探究心
 
この作品の主人公である。豪島セーラはとにかく仕事に対してストイックで、セックスに対しても年間何回もしているのに、新たなことに挑戦する事を忘れません。
 
例えば、30cm越えの巨根を根元まで入れるために、大食いアイドルから臓器を限界まで奥に収納する術を学んだり、
自ら素晴らしい作品作りのためにイルカとヤリたいと懇願したり(話自体がお蔵入りになったけど...)
大学の講演会で人前でセックスしたりするのです。
 
もはやここまで来ると、尊敬の域にまで達する。プロ根性...
情熱大陸で取り上げてもおかしくない域だと思います!!
(画像は過激すぎて載せられないので漫画で読んでください)
 
どんな仕事でもプロの仕事は美しいと言いますが、豪島セーラからはその美しさを感じます。
 
魅力その2思わず笑ってしまう下ネタの数々
 
この作品の2つ目の魅力として挙げられるのは、ワケが分からないけれど何故か笑ってしまう下品な下ネタにあります。
 
例えばこちらのシーン
 

f:id:teiitinokuni-kisibegiro:20160608154248j:image
 
ワケが分からないでしょう?
僕だって分からない
ですがこのシーンを見て唯一言えるのは、この作品は頭をポーンと楽にしてリラックスして楽しめるまさにゴラク的な作品だということです。
他のシーンはほとんど載せれないですが、兎にも角にも最高に最低で、下品で推敲な作品なのです!!
 
ぜひとも皆さんに読んでみて欲しいと思います!!
 
 
しかし、ここまで読んでくださった。皆様の中には
 
結局、本編ってどんな話なの?』と思われてる方もいらっしゃる事でしょう...
という事で最後にこの作品の本編のあらすじをお伝えしてお別れと致しましょう。
(普通逆だけど...)
 
はぐれアイドル地獄変 あらすじ
 
本作の主人公、南風原海空(はえばるみそら)は沖縄出身の18歳、アイドルになる事を夢見て上京した彼女でしたが、事務所に騙され着エロ女優としてデビューさせられてしまい。事務所に入って半年後、彼女は半ば強引にAVに出演させられることに...
そのAVの企画は、AV男優と100人組手をし、負けたら100人に姦されるというとんでもない企画だった。
琉球空手の黒帯を持つ彼女は果たして貞操を守ることが出来るのか?
 
 
本編の設定もカオスですね...
 
本編も本編で下ネタお下劣漫画ではありますが、本編は
下ネタと格闘の比率が5:5 程で格闘漫画が好きな人も楽しめる。
とても素晴らしい作品ですし、
なんといっても外伝の主人公、豪島セーラちゃんも活躍します!!
 
是非とも外伝も本編も読んで欲しいです!!
 
外伝の試し読みはこちらから↓
 
本編の試し読みはこちらから↓
 
 
どんな人にお薦め?
 
下ネタがとにかく好きな人!!
可愛い女の子が見たい人!!
とにかく難しいことを考えずに漫画を読みたい人!!
 
 
それでは皆様良い漫画ライフを!!
 

 

はぐれアイドル地獄変 1

はぐれアイドル地獄変 1

 

 

 

はぐれアイドル地獄変 2

はぐれアイドル地獄変 2

 

 

片桐の5月に読んだ本のまとめ

漫画

皆様どうもこんにちは、片桐です。

5月も終わりもう6月…早いようで今年の上半期が終わろうとしています。

そんな今日僕がなにを書こうかと言うと。先月読んだ本のまとめを書こうと思います。

 

それでは早速行ってみましょう

2016年5月の読書メーター
読んだ本の数:74冊
読んだページ数:13492ページ
ナイス数:55ナイス

式の前日 (フラワーコミックス)式の前日 (フラワーコミックス)
読了日:5月1日 著者:穂積
カレは女とシたことない。 (Feelコミックス)カレは女とシたことない。 (Feelコミックス)
読了日:5月1日 著者:都陽子
Gのサムライ (torch comics)Gのサムライ (torch comics)
読了日:5月15日 著者:田中圭一
僕だけがいない街 (8) (カドカワコミックス・エース)僕だけがいない街 (8) (カドカワコミックス・エース)
読了日:5月15日 著者:三部けい
アイアムアヒーロー 19 (ビッグコミックス)アイアムアヒーロー 19 (ビッグコミックス)
読了日:5月15日 著者:花沢健吾
アイアムアヒーロー 20 (ビッグコミックス)アイアムアヒーロー 20 (ビッグコミックス)
読了日:5月15日 著者:花沢健吾
はぐれアイドル地獄変外伝 プリンセス・セーラ(1) (ニチブンコミックス)はぐれアイドル地獄変外伝 プリンセス・セーラ(1) (ニチブンコミックス)
読了日:5月15日 著者:高遠るい
高嶺と花 4 (花とゆめコミックス)高嶺と花 4 (花とゆめコミックス)
読了日:5月15日 著者:師走ゆき
地球のおわりは恋のはじまり(1) (KC デザート)地球のおわりは恋のはじまり(1) (KC デザート)
読了日:5月15日 著者:タアモ
ネガ (バンブーコミックス Qpaコレクション)ネガ (バンブーコミックス Qpaコレクション)
読了日:5月15日 著者:はらだ
やわらかい。課長 起田総司(3)  (モーニングKC) (モーニング KC)やわらかい。課長 起田総司(3)  (モーニングKC) (モーニング KC)
読了日:5月15日 著者:カレー沢薫
やがて君になる (1) (電撃コミックスNEXT)やがて君になる (1) (電撃コミックスNEXT)
読了日:5月15日 著者:仲谷鳰
ハンキー・ドリー 1 (マーガレットコミックス)ハンキー・ドリー 1 (マーガレットコミックス)
読了日:5月15日 著者:渡辺カナ
僕と君の大切な話(1) (KC デザート)僕と君の大切な話(1) (KC デザート)
読了日:5月15日 著者:ろびこ
町田くんの世界 3 (マーガレットコミックス)町田くんの世界 3 (マーガレットコミックス)
読了日:5月16日 著者:安藤ゆき
木陰くんは魔女。 1 (マーガレットコミックス)木陰くんは魔女。 1 (マーガレットコミックス)
読了日:5月16日 著者:小森羊仔
木陰くんは魔女。 2 (マーガレットコミックス)木陰くんは魔女。 2 (マーガレットコミックス)
読了日:5月16日 著者:小森羊仔
hなhとA子の呪い 1 (リュウコミックス)hなhとA子の呪い 1 (リュウコミックス)
読了日:5月16日 著者:中野でいち
ソワレ学級 1 (リュウコミックス)ソワレ学級 1 (リュウコミックス)
読了日:5月16日 著者:靴下ぬぎ子
ねこもくわない (ニチブンコミックス)ねこもくわない (ニチブンコミックス)
読了日:5月16日 著者:カレー沢薫
プリマックス 3 (ヤングジャンプコミックス)プリマックス 3 (ヤングジャンプコミックス)
読了日:5月17日 著者:蒼木雅彦
プリマックス 4 (ヤングジャンプコミックス)プリマックス 4 (ヤングジャンプコミックス)
読了日:5月17日 著者:蒼木雅彦
冬目景作品集 空中庭園の人々 (バーズコミックス)冬目景作品集 空中庭園の人々 (バーズコミックス)
読了日:5月17日 著者:冬目景
十代の性典 山田参助青春傑作選十代の性典 山田参助青春傑作選
読了日:5月17日 著者:山田参助
兄友 1 (花とゆめコミックス)兄友 1 (花とゆめコミックス)
読了日:5月18日 著者:赤瓦もどむ
東京タラレバ娘(5) (KC KISS)東京タラレバ娘(5) (KC KISS)
読了日:5月18日 著者:東村アキコ
深夜のダメ恋図鑑 (フラワーコミックスアルファ)深夜のダメ恋図鑑 (フラワーコミックスアルファ)
読了日:5月18日 著者:尾崎衣良
よるとあさの歌 (バンブーコミックス Qpaコレクション)よるとあさの歌 (バンブーコミックス Qpaコレクション)
読了日:5月19日 著者:はらだ
ディザインズ(1) (アフタヌーンKC)ディザインズ(1) (アフタヌーンKC)
読了日:5月19日 著者:五十嵐大介
推しが武道館いってくれたら死ぬ 1 (リュウコミックス)推しが武道館いってくれたら死ぬ 1 (リュウコミックス)
読了日:5月19日 著者:平尾アウリ
奈落の羊(1) (アクションコミックス)奈落の羊(1) (アクションコミックス)
読了日:5月19日 著者:きづきあきら,サトウナンキ
しまなみ誰そ彼 1 (ビッグコミックススペシャル)しまなみ誰そ彼 1 (ビッグコミックススペシャル)
読了日:5月19日 著者:鎌谷悠希
螺旋じかけの海(1) (アフタヌーンKC)螺旋じかけの海(1) (アフタヌーンKC)
読了日:5月19日 著者:永田礼路
ハルはめぐりて (ビームコミックス)ハルはめぐりて (ビームコミックス)
読了日:5月19日 著者:森泉岳土
ななしのアステリズム(1) (ガンガンコミックスONLINE)ななしのアステリズム(1) (ガンガンコミックスONLINE)
読了日:5月19日 著者:小林キナ
ななしのアステリズム(2) (ガンガンコミックスONLINE)ななしのアステリズム(2) (ガンガンコミックスONLINE)
読了日:5月19日 著者:小林キナ
コロコロ創刊伝説 1 (てんとう虫コミックススペシャル)コロコロ創刊伝説 1 (てんとう虫コミックススペシャル)
読了日:5月19日 著者:のむらしんぼ
月が綺麗ですね1 (百合姫コミックス)月が綺麗ですね1 (百合姫コミックス)
読了日:5月19日 著者:伊藤ハチ
亭主元気でマゾがいい!(1) (モーニング KC)亭主元気でマゾがいい!(1) (モーニング KC)
読了日:5月19日 著者:六反りょう
ポジ (バンブーコミックス Qpaコレクション)ポジ (バンブーコミックス Qpaコレクション)
読了日:5月21日 著者:はらだ
アイアムアヒーロー 公式アンソロジーコミック: 8 TALES OF THE ZQN (ビッグ コミックス) (ビッグコミックス)アイアムアヒーロー 公式アンソロジーコミック: 8 TALES OF THE ZQN (ビッグ コミックス) (ビッグコミックス)
読了日:5月21日 著者:水沢悦子,横槍メンゴ,石黒正数,オジロマコト,伊藤潤二,鳥飼茜,乃木坂太郎,吉本浩二
カレは男とシたことない。 (onBLUEコミックス)カレは男とシたことない。 (onBLUEコミックス)
読了日:5月21日 著者:都陽子
双子の帝國 1 (BUNCH COMICS)双子の帝國 1 (BUNCH COMICS)
読了日:5月21日 著者:鬼頭莫宏
グラビアトリ 1 (ヤングジャンプコミックス)グラビアトリ 1 (ヤングジャンプコミックス)
読了日:5月21日 著者:佐藤カケル
グラビアトリ 2 (ヤングジャンプコミックス)グラビアトリ 2 (ヤングジャンプコミックス)
読了日:5月21日 著者:佐藤カケル
しかばね少女と描かない画家 1 (IDコミックス ZEROーSUMコミックス)しかばね少女と描かない画家 1 (IDコミックス ZEROーSUMコミックス)
読了日:5月21日 著者:神江ちず
はてなデパート (フラワーコミックスアルファ)はてなデパート (フラワーコミックスアルファ)
読了日:5月21日 著者:谷和野
宇宙を駆けるよだか 3 (マーガレットコミックス)宇宙を駆けるよだか 3 (マーガレットコミックス)
読了日:5月21日 著者:川端志季
ポーの一族 復刻版 限定BOX: フラワーコミックススペシャルポーの一族 復刻版 限定BOX: フラワーコミックススペシャル
読了日:5月21日 著者:萩尾望都
SADGiRL (torch comics)SADGiRL (torch comics)
読了日:5月22日 著者:高浜寛
スペシャル 1 (torchi comics)スペシャル 1 (torchi comics)
読了日:5月22日 著者:平方イコルスン
とつくにの少女 1 (BLADE COMICS)とつくにの少女 1 (BLADE COMICS)
読了日:5月26日 著者:ながべ
女騎士、経理になる。  (1) (バーズコミックス)女騎士、経理になる。 (1) (バーズコミックス)
読了日:5月26日 著者:三ツ矢彰Rootport(原著)
ダンス・ダンス・ダンスール 1 (ビッグコミックス)ダンス・ダンス・ダンスール 1 (ビッグコミックス)
読了日:5月26日 著者:ジョージ朝倉
ダンス・ダンス・ダンスール 2 (ビッグコミックス)ダンス・ダンス・ダンスール 2 (ビッグコミックス)
読了日:5月26日 著者:ジョージ朝倉
兎が二匹 2 (BUNCH COMICS)兎が二匹 2 (BUNCH COMICS)
読了日:5月26日 著者:山うた
椿町ロンリープラネット 3 (マーガレットコミックス)椿町ロンリープラネット 3 (マーガレットコミックス)
読了日:5月26日 著者:やまもり三香
AIの遺電子(1)(少年チャンピオン・コミックス)AIの遺電子(1)(少年チャンピオン・コミックス)
読了日:5月26日 著者:山田胡瓜
君はなにも知らない 1 (マーガレットコミックス)君はなにも知らない 1 (マーガレットコミックス)
読了日:5月28日 著者:花野リサ
咲 Saki (1) (ヤングガンガンコミックス)咲 Saki (1) (ヤングガンガンコミックス)
読了日:5月28日 著者:小林立
群青のすべて (IDコミックス gateauコミックス)群青のすべて (IDコミックス gateauコミックス)
読了日:5月28日 著者:古矢渚
少女不十分(1) (ヤンマガKCスペシャル)少女不十分(1) (ヤンマガKCスペシャル)
読了日:5月29日 著者:はっとりみつる
グッド・ナイト・ワールド 1 (裏少年サンデーコミックス)グッド・ナイト・ワールド 1 (裏少年サンデーコミックス)
読了日:5月29日 著者:岡部閏
カラーレシピ (1) (あすかコミックスCL-DX)カラーレシピ (1) (あすかコミックスCL-DX)
読了日:5月29日 著者:はらだ
きらめきのがおか(1): ヤンマガKCSPきらめきのがおか(1): ヤンマガKCSP
読了日:5月29日 著者:ゴトウユキコ
ギフト±(4) (ニチブンコミックス)ギフト±(4) (ニチブンコミックス)
読了日:5月29日 著者:ナガテユカ
ロメオがライバル 1 (ビッグ コミックス)ロメオがライバル 1 (ビッグ コミックス)
読了日:5月30日 著者:秀良子
ロメオがライバル 2 (ビッグ コミックス)ロメオがライバル 2 (ビッグ コミックス)
読了日:5月30日 著者:秀良子
春の呪い 1 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)春の呪い 1 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
読了日:5月30日 著者:小西明日翔
さよーならみなさん (ビッグコミックス)さよーならみなさん (ビッグコミックス)
読了日:5月30日 著者:西村ツチカ
シェアバディ(2): ビッグ コミックスシェアバディ(2): ビッグ コミックス
読了日:5月30日 著者:高良百吉田貴司
悲鳴伝(1) (ヤンマガKCスペシャル)悲鳴伝(1) (ヤンマガKCスペシャル)
読了日:5月30日 著者:光谷理
クズの本懐(6) (ビッグガンガンコミックス)クズの本懐(6) (ビッグガンガンコミックス)
読了日:5月30日 著者:横槍メンゴ
ワンダーランド 2 (ビッグコミックス)ワンダーランド 2 (ビッグコミックス)
読了日:5月30日 著者:石川優吾

読書メーター

 

そんなこんなで74冊の漫画を先月は読みました。前半漫画を読んでいないので少ないですがこんな感じですね。

 

それではこの中で特によかった作品をいくつか紹介していきたいと思います。

 

1巻、単巻

 

まず1巻で特によかったものを紹介します。

 

 

 この作品に関しては、レビューも書かせて頂いたので特に言うことは無いですが、主人公の真昼ちゃんが可愛いです。

 

ネガ (バンブーコミックス Qpaコレクション)

ネガ (バンブーコミックス Qpaコレクション)

 

 

 はらだ先生のBL短編集、ネガティブなダウナー系の作品が収録されています。片桐的にお気に入りの話は、ボディピアスの話です。

 

 

となりの怪物くんで知られるろびこ先生の最新作、メガネ男子の男の子と主人公の美人の女の子が何気ない話を駅のホームで繰り広げる。少女漫画版セトウツミと考えると分かりやすいと思います。

全体の空気感がとてもいい。

木陰くんは魔女。 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)

木陰くんは魔女。 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)

 

 

普通の女子高生、夢子と魔女の男の子、木陰くんのお話。可愛い絵柄とは裏腹にセックスなどのセクシャルな単語もでてきます。   

2巻の引きがとても良い。

 

 

hなhとA子の呪い(1)【特典ペーパー付き】 (RYU COMICS)

hなhとA子の呪い(1)【特典ペーパー付き】 (RYU COMICS)

 

 

 性欲を否定する男、針辻真が突如A子という女の子の幻覚に憑りつかれてしまい、あらゆることをエロいか逆にエロいとしか思えなくなってしまう話。

一応ホラー。

 

ソワレ学級 1 (リュウコミックス)

ソワレ学級 1 (リュウコミックス)

 

 

通信制の学校に通う生徒の日常を描いた作品。気兼ねなく楽しめる作品と思いきや、なかなか胸を締め付ける描写もあります。

 

冬目景作品集 空中庭園の人々 (バーズコミックス)
 

 

冬目景先生の短編集、冬目景先生の作品は初めて読みましたが、1話1話のまとまりがとてもよく心地よく読ませて頂きました。

 

よるとあさの歌 (バンブーコミックス Qpaコレクション)

よるとあさの歌 (バンブーコミックス Qpaコレクション)

 

 はらだ先生のBL作品、バンドマンの2人の恋愛を描いた物語。

鬼畜系のBLで『あれ?俺ウシジマくん読んでるんだっけ?』と思うくらい

描写がハード。

よる(写真左)の中性的な顔立ちは男性読者も魅了するほど、

BLに興味があって青年誌をよく読む層に薦めたい作品。

 

ディザインズ(1) (アフタヌーンKC)

ディザインズ(1) (アフタヌーンKC)

 

 

 五十嵐大介作品は初読でしたが、とにかく描写が美しい、読んでいて思わず眼福と唸ってしまう

  

螺旋じかけの海(1) (アフタヌーンKC)

螺旋じかけの海(1) (アフタヌーンKC)

 

 

人間と動物のキメラいる世界の話。この1巻の最終話には思わず感動しました。

山月記を彷彿とさせます。

 

はてなデパート (フラワーコミックスアルファ)

はてなデパート (フラワーコミックスアルファ)

 

 

谷和野先生らしい暖かな世界観が魅力的な作品。読めば人に優しくなれる。暖かな作品です。

 

SADGiRL (torch comics)

SADGiRL (torch comics)

 

 

転落していく女の人生を描いた作品、ここまで不幸な人間がいるのか?というくらいの不幸の連続で、かなり鬱々とさせられました。

 ダウナー系の作品が読みたい人にお薦め

ダンス・ダンス・ダンスール 1 (ビッグコミックス)
 
男子バレエの漫画。スピリッツでは少女漫画色が強いため少し異彩を放っているようですが、ジョージ朝倉先生の世界観とバレエがとてもよくマッチングしていて美しいです。
男性でも女性でも楽しめる作品だと思います。

 

 

続刊物

 

 

町田くんの世界 3 (マーガレットコミックス)

町田くんの世界 3 (マーガレットコミックス)

 

文句無しに町田くんが素晴らしすぎます。

心洗われたい方はぜひ読んでみて欲しいですね。 

 

 今回は特に重々しかったですね。幸せになるはずのない恋に溺れていく女達の醜い言い争いにはグサリと第三者的にグサリときてしまいました。

 

兎が二匹 2 (BUNCH COMICS)

兎が二匹 2 (BUNCH COMICS)

 

 素晴らしい!!今年を代表する名作。

2巻で綺麗に仕上げてきました。

これは素晴らしすぎて逆にレビューが書けないかも知れません...

 

ザッとこんな感じですね。

うーん見返しても酷い記事ですがたまにはこういうのがあってもいいかもしれませんね